任意保険に弁護士特約を付ければ交通事故も怖くない

バナー

任意保険に弁護士特約を付ければ交通事故も怖くない

交通事故の加害者になっても被害者になっても、どちらにせよ弁護士さんの力を借りるのが正解です。
加害者になってしまった場合には可能な限り責任を軽くしてもらえますし、被害者になった場合には賠償額をアップしてもらえます。
とくに後遺障害が残ってしまった場合には、弁護士さんにお願いをしなければ賠償額がとても安くなってしまうことがあります。


賠償額には自賠責基準や弁護士基準といういくつかの基準があり、弁護士基準を適用してもらうためにはプロに依頼をすることが最低条件となるからです。


ただ、交通事故が起こったときにすぐに専門家に来てもらうためにはある程度工夫が必要です。

たとえば、任意保険のなかには交通事故時に困らないよう、弁護士特約がつけられるタイプの商品もあります。そうした特約に加入をしておけば、電話一本で経験豊富な先生を紹介してもらえるので便利ですよね。



特約に加入をしておけば、費用の負担も保険会社にしてもらえるので、裁判が長引いたとしても問題が起こりえません。
交通事故はこちらがいくら注意をしていても、向こうからやってくるものだと言われています。

特約にまで注意をして、賢く保険商品を選択していく必要があるでしょう。

納得のAll About情報を見付けていただくため、様々な情報を集めました。

近くの法律事務所に行って、一人ぐらいは先生と知り合っておくのも悪くはないでしょう。



個人的な顧問契約を受け付けている先生もたくさん存在しています。
個人からの依頼なら月数万円でいいという先生がほとんどなので、特約と同じような効果が期待できます。